◆映画『リトルファイター』。ムエタイを戦うタイの少女たち

NO IMAGE

ムエタイはタイを代表する格闘技であり、タイ人のキックボクサーの強さは尋常ではないとも言われている。

それは、タイ人の格闘家が子供の頃からの「英才教育」であり、貧しさも相まってハングリー精神の塊でもあるからだ。

ムエタイは現地で、何度も見たことがある。観光地では必ずムエタイ・ショーがあるし、中にはレストランの中にリングが入っていることもある。

田舎でもムエタイの会場があって、音楽と怒号と札束が舞っている。ムエタイを見学していると、必ず賭けが始まる。

試合自体は選手が派手なKOで倒されたりするような劇的な場面は意外に少なく、首相撲で揉み合っている時間も長い。

しかし、貧しい人たちがなけなしのカネを賭けて応援しているので、一挙一動でヒートアップし、その応援は行儀の良いものではない。試合よりも、観客席の方が殺気立っていると言ってもいいほどだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事