◆米軍基地、世界最悪の治安、売春の横行するホンジュラス

NO IMAGE

2013年3月31日。メキシコのシンクタンクが殺人発生率を元にして、世界で最も危険な都市を調査してみると、興味深いことが分かったという。

中東シリアのように内戦が起きているような国を別にして、戦争も内戦も起きていないのに、次から次へと市民が殺される史上最悪の都市は、どこだったのか。

それは、中米ホンジュラスの「サンペドロスラ」だったというのである。メキシコも非常に治安が悪いことで世界中に名を轟かせている。そのメキシコをもしのぐのがホンジュラスだったのである。

貧困と汚職にまみれたこの国は、まったく警察組織が機能していない。貧困のためにギャングが街を練り歩いて、強盗・殺人・レイプが続々と起きている。(行ったら殺される。手の付けられない無法地帯、ホンジュラス

ホンジュラスは、かつてスペインの植民地だったが、スペインが弱体化すると、今度はアメリカがやってきてホンジュラスを押さえ込んだ。

ホンジュラスにも米軍基地がある。米軍基地があれば、売春が付きものなのは、もう誰も知らない者はいない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事