◆セックスを、無意識のまま極限まで刺激していく現代社会

NO IMAGE

セックスという本能を極限まで刺激する媒体と言えばポルノだが、ポルノだけがセックスを扱っているわけではない。この世のすべての媒体は、実は暗喩(メタファー)として、セックスを扱っているのは、誰もが気付いている。

若い女性がアイスクリームを舐めるシーン、細長い何かを食べるシーン、水を飲むシーン、すべてはその裏に性的なものを暗喩として持っていて、それを見る人間たちの心の奥底のセックスの本能を刺激していく。

セックスという強烈な欲望を刺激しながら、商品と結びつけて売上を上げようとしている。

恐らくあなたの頭の中は「セックス」と「あれを買いたい、これを買いたい」という欲望で膨れ上がっているはずだ。そして、激しく欲望が刺激されて、気が狂いそうになっているはずだ。あなたは満たされることは絶対にない。

一時的に欲望を満たせても、「もっと、もっと」という気持ちに駆り立てられることになる。

現代の世の中が、ありとあらゆる手法、ありとあらゆる機会を捕まえて、人々の欲望を極限まで煽り立てているからだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net