◆負のオーラを発している女性は「弱者の中の弱者」と認識されて危険を招く

◆負のオーラを発している女性は「弱者の中の弱者」と認識されて危険を招く

閲覧注意
夜の世界に長いある女性は、出会った男が「危険な男」なのか「安全な男」なのかを判断しなければならない。

見かけで判断できればいいが、刺青だらけでワルぶった恰好をしていても優しくて安全な男もいるが、逆に真面目なビジネスマンのような恰好をしていても女性に危害を加える危険な男もいる。

夜の女たちにとっては、男の外見ではなく内面がどうなのかが重要である。凶暴で危害を加えそうな男は前もって分かっていれば排除できる。それが自衛になる。

アメリカのストリート売春をするある女性は、「男の目を見て判断する」とインタビュアーに答えていたのが私の記憶に残っている。性犯罪を行う犯罪者や変質者は、その凶暴性や危険性を巧妙に隠しても、目に異常性が現れるというのだ。

その異常性というのは、どういうものなのかは説明はなかったが、私は何となく分かるように思った。「目は口ほどに物を言う」と日本人も昔から言っていた。落ち着きのなさや、緊張や、邪悪な感情は、ちょっとした視線や眼力に現れる。

女性はそれを読み取って、「何か」を感じることがあっても不思議ではない。

実は、犯罪者や変質者の側もまた「女性の目」を見て餌食にできるかどうかを判断しているのではないかと私は思っている。「目は口ほどに物を言う」のであれば、女性もまた自分の心の内面を「目」に宿していて当然である。

痴漢はまず誰をターゲットに選ぶのか。それは最も美しい女性でも、自分好みの女性でもない。痴漢に遭いやすい女性はどんな女性なのか、警視庁は6点を挙げたが、それはこちらに書いた。(ブラックアジア:痴漢をする人間は、一番最初に誰をターゲットに選ぶのか

性犯罪を行う犯罪者や変質者は、どんな女性をターゲットに選ぶのか。ゆきずりの女性を狙うとしても、「性犯罪者に狙われやすい女性」というのは存在する。

どういう女性が狙われやすいのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事