◆美しかったフランスの売春女性も、今は街から消え去った

NO IMAGE

最近、フランスではあまりにも移民の売春女性が増えすぎたので、彼女たちを排除するために女性を買っている男たちまで罰する法案が提出されたりしている。

しかし、フランスは昔から恋愛を大いに許容する恋愛至上主義で、化粧も、ランジェリーも、香水も、ファッションも、すべてが女性を賛美するようにできている。

ディープ・キスも、ブロージョブも、みんなフランス発祥だと揶揄されていた。かつては、舌を絡め合うディープ・キスは、フレンチ・キスとも言われていた。

一般女性の奔放さもまた語り草になるほどで、売春ビジネスもまた盛んな国で、ピガール地区は昔から売春地帯として知られていた。

ピガール地区は今でも現役のパリ売春地帯だ。しかし、すでに時代の趨勢に逆らえず、かつての賑わいは消えて、殺伐とした街になってしまっているようだ。

時代は移り変わり、エイズ問題も、移民問題も、インターネットも、政府規制も、あらゆるものがフランスの売春地帯の衰退を促している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事