◆ブラジルの刑務所に入ったら生きて帰れるかどうか未知数だ

NO IMAGE

閲覧注意
南米は犯罪大陸だ。ブラジルもまた凶悪犯罪が多発する国であることは、ブラックアジアでも大量に取り上げている。

路上での売春女性のめった切り、首切り、レイプ殺人、ロリコン殺人、ドラッグ殺人、宗教殺人(生け贄)、もう考える限り、何でもありになっているのがブラジルだ。

ブラジルのどの町にも貧困者が都市部のまわりを囲い込むようにして住み着き、ファベーラと呼ばれる山間部のスラムはマフィアとチンピラの縄張りとなっている。

少しでも抗議デモが起きると、すぐに大規模暴動にへと発展していく。犯罪率も異様に高く、刑務所は常に満杯状態になっている。

あまりにも受刑者が多すぎて、刑務所内では日本では考えられないような「すし詰め」になっている。

そのため、刑務所内はいつも殺伐としていて、喧嘩、口論、放火、殺人がいつも起きている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事