◆死にたくなければ、どうすればいいのか。残酷な運命は回避できるか?

◆死にたくなければ、どうすればいいのか。残酷な運命は回避できるか?

閲覧注意
無駄死にたくなければ、どうすればいいのか。

アメリカの投資業界で絶大な支持を受けているのがバークシャー・ハサウェイを経営するウォーレン・バフェットだが、その副会長であるチャーリー・マンガーもまた著名な投資家である。

このチャーリー・マンガーは、「自分が若い頃に聞いた田舎者の話」として興味深い話をしている。

『人間はいずれ死ぬ。死にたくなければ、どうすればいいのか。ある田舎者の男はこう答えた。どこで死ぬのか分かったら、そこには絶対行かない』

チャーリー・マンガーは、この話が気に入っていて、いろんなところで言っている。

「神が1つだけ質問を許してくれたら、私はこのように聞く。私はどこで死ぬのか? どこで死ぬのか分かったら、そこには絶対行かない」

人間はどこで死ぬのか分からない。だから、この話は単なる笑い話で終わる。

しかし、なぜチャーリー・マンガーはこの話を繰り返し言うのかというと、そこに残酷な運命を回避する「まっとうな知恵」が含まれているからだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事