◆アメリカの公衆トイレのドア下部の隙間が大きい理由とは

NO IMAGE

私たちは、いろいろ根拠もなく思い込んでいるものが多い。犯罪心理や危険予知の判断についても、「思い込み」から無意識に判断していることもたくさんある。

その「思い込み」のほとんどは正しいものなのだが、中には間違った思い込みや誤った思い込みも含まれているかもしれない。そういった誤りやすい「思い込み」はどんなものがあるのだろうか。

ところで、アメリカの個室トイレがどんなものかは、映画やドラマでもよく公衆トイレが撮されているので知っている人も多いと思う。

アメリカのトイレはドア下部の隙間が大きく開いていて、外から足が見えるようになっている。アメリカにいるときはいつも、それに違和感を感じていたが、特に深く考えることはなかった。

国によってトイレ事情は様々だ。アメリカのトイレのドア下部が大きく開いていたとしても、それが「文化」なのだろうと思って深く考えなかった。しかし、それには意味があったというのを私は後で知った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net