◆18歳のサバは、なぜ家族にリンチされた上に撃たれたのか

NO IMAGE

閲覧注意
パキスタンのパンジャブ州に住む18歳のサバには恋人がいた。近所に住む男だった。彼女は彼と結婚したかったが、家族は大反対した。

父親は娘が勝手に男を好きになるのはふしだらで、結婚は自分が決めた相手でないとならないという強い信条を持っていた。インドやパキスタンでは、普通、親が子供の結婚相手を決めることになっている。

しかし、サバの意思は固かった。家族の大反対の中、彼女は彼と結婚した。

サバの家族、そして親族はこれに激怒した。そして、彼らは「家族の名誉が汚された」と感じた。そして、彼らは何をしたのか。

サバの父親、兄、叔父、そして叔母は、「家族の名誉を汚すふしだらな娘」を拉致し、激しい拷問を加えたあと、銃で彼女を撃った。一発の銃弾は、彼女の右手を破壊し、もう一発は彼女の頬を撃ち抜いた。サバは血まみれになって倒れて動かなくなった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事