◆斬首。レイプ。血と暴力でイラクを制圧する異常な暴力国家

◆斬首。レイプ。血と暴力でイラクを制圧する異常な暴力国家

閲覧注意
イスラム武装組織が、巨大な勢力を持ってシリアからイラクの一部地域を現地支配をするようになり、彼らは「イスラム国」としてひとつの国家を形成しつつある。

当初、イスラム国はシリアのアサド政権に対する反政府組織であったので、欧米はひそかに彼らを支援していたが、彼らはもう欧米の手先のように動いていない。

シリアからイラクにまたがる広大な地域を急激に押さえて勢力を拡大させ、恐怖政治によって地元を制圧している。

彼らは当初、単なる成り上がりのスンニ派の武装組織であり、チンピラ同様に思われていた。

ところが、今やその「チンピラ武装組織」であったはずの集団が、シリア東部の油田地域を支配し、潤沢な資金で武器弾薬を揃え、イラクのモスルやファルージャを制圧してしまった。

指導者は「アブバクル・バグダディ」と呼ばれる人物だが、この人物は過去に数々のテロに関わったとしてアメリカ政府から指名手配されているような人物だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事