◆「世界よ、さようなら」死ねば終わりになるから、生は尊い

NO IMAGE

2014年11月1日、アメリカでひとりの女性が医師から処方された薬を飲んで安楽死した。「ブリタニー・メイナード」という名前の29歳の女性だった。

彼女は脳腫瘍で、余命6ヶ月と宣告されていた。

彼女はこの病気を、「脳の癌」と表現しているが、この病気は進行すればするほど、猛烈で耐え難い痛みと発作の連続で、最後には人間性が失われるほどの悲劇的な病態を示すという。

癌というのは、どの癌でも末期になると苦しんで苦しんで苦しみ抜く。本人はもとより、見ている遺族ですらもその様子を見て涙を流して、「もう死なせて上げて下さい」と医師に懇願するほど苦しみ抜く。

彼女の脳腫瘍は不治のものであり、やがて彼女は激痛と衰弱で人間性が失われてしまう。だから、彼女は自ら死を選んだのである。

苦しみながら生かされるのではなく、意識がしっかりしているときに家族と大切な最後の時間を過ごし、そして彼女は11月1日、予定通り尊厳を持ったまま静かに死んだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事