◆「白い肌」の女性は、これからも人類の多くに羨望される

◆「白い肌」の女性は、これからも人類の多くに羨望される

北側の女性は美人が多いという話がよく聞かれる。たとえば日本でも東北の女性、さらには北海道の女性は美しいと言われている。

たとえば、「秋田は美人が多い」というのは、日本人の男の間では知らない者はいない。

日本海側の女性は秋田だけでなく、青森でも北海道でもみんな美人の産地として知られているのだが、「秋田美人」はある意味、ひとつのブランドになっている。

「秋田美人」が美人たらしめているのは、もちろん言うまでもなく「肌の白さ」であると言える。

生粋のアイヌ民族も、その肌の白さは白人並みであるとも言われているが、「肌が白い=美人」という構図は、多くの人々が素直に納得しやすい美の規範である。

東アジアでも、意識的なのか無意識なのかは分からないが、多くの男たちは「肌が白い」女性を美を構成する条件の一つであると認識している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事