◆イスラム国。ついに日本人も殺害予告。72時間以内に殺害か

NO IMAGE

アップデート
シリアからイラク一帯にかけて、イスラム国の暴力が猛威を振るっている。(アルカイダまでもが暴力的だと敬遠する、狂気の超暴力国家

2015年1月20日。シリアのイスラム国(IS)が、日本人2人の殺害を予告した。

砂漠で、オレンジの服を着せられた2人の男は、ひとりが湯川遥菜氏、そしてもうひとりがジャーナリストの後藤健二氏のようだ。

湯川遥菜氏は、日本で「民間軍事会社」というものを立ち上げて、シリアに渡った人物だ。(シリアで拘束された湯川遥菜氏と、民間軍事会社という会社

後藤健二氏はシリアでずっと活動を続けてきた映像系の国際ジャーナリストだったようだ。「インデペンデント・プレス」という会社を設立して、活躍していたという。

この2人は知人だったようだ。湯川遥菜氏の拘束を受けて、もしかしたら後藤健二氏は深追いしたのかもしれない。

外務省はこの事件に関して映像の真贋の確認を急いでいる。湯川遥菜氏の容貌がずいぶん変わっているようだが、恐らく本人に間違いないだろう。ただ、影の角度からして合成の疑いも出てきているようだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事