◆親に、学校に、社会に反撥し、堕ちていった少女の末路

NO IMAGE

閲覧注意
自分に自我が芽生えると、自分を押さえつけている存在が急に疎ましくなっていく。

一般的に人は第一次反抗期、第二次反抗期という時期があって、この時期を通して自分というものの存在を確認し、自立していけるようになる。

第一次反抗期は2歳から4歳くらいまでだと言われている。何でも自分でやると言い出す。そして、親の言うことにわざと反抗して自分というものの存在を確認する。

多くの場合、私たちは自分の第一次反抗期のことを覚えていない。第二次反抗期は、子供によっていつから始まるのかは決まっていないが、一般的には高校生に入った頃になると言われている。

この第二次反抗期によって、親に依存して生きている自分を、そこから離れようと無意識に抵抗するのである。女の子の場合は性の芽生えもあって、場合によっては危険な道に進むこともある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net