◆新型コロナで、風俗嬢がロシアンルーレットさながらに仕事をしている現状

◆新型コロナで、風俗嬢がロシアンルーレットさながらに仕事をしている現状

新型コロナウイルスは密閉した空間でクラスターを起こすことが分かって、ライブハウスやコンサートやカラオケやパチンコ業界は客が激減してすでに経営が青息吐息となっている。

ところで、この新型コロナウイルスは風俗業界をも直撃している。

それもそうだ。新型コロナウイルスの患者が増えれば増えるほど、風俗は超危険な場所と化す。(ブラックアジア:マネーボイス:もう手遅れ?風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染〜歌舞伎町は恐怖に包まれている=鈴木傾城

風俗は粘膜が接触する「超濃厚接触」である。ゆえに、客が感染していたら風俗嬢は100%感染する。風俗嬢が感染していたら客も100%感染する。新型コロナウイルスが騒ぎになればなるほど「控えよう」と客も風俗嬢も考える。

しかし、「控える」選択肢がない風俗嬢も多い。彼女たちは「それ」で生計を立てているのだから、いくら環境が危険になったからと言って「じゃ辞めます」というわけにはいかない。

新型コロナウイルスが流行っているからと言って、家賃や光熱代は免除されるわけではない。何もしなくてもカネはかかる。だから、危険だろうが何だろうが働くしかない。

専業でやっている風俗嬢は特にそうだ。昼職との掛け持ちであれば、しばらく昼職だけにしておこうという選択肢はあるが、専業であればロシアンルーレットをやっているような気分で仕事を続けるしかない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事