◆アンヘレス再訪。現地のバスを使ってアンヘレスに行く

NO IMAGE

かつて、フィリピンのアンヘレスにはしばしば訪れていたが、身体を壊してから海外にほとんど行かなくなってしまった。

行くとしても1年に1度か2度、ほんの1週間ほど海外にいるくらいで、かつてのように現地に着いたら、一日中歩きまわるようなこともなくなった。

そんなわけでフィリピンにもすっかり行かなくなってしまって、気がつけば10年も経っていた。あれほど面白半分に覚えていたタガログ語もほぼすべて忘れた。

ただ、フィリピンには懐かしさもあるので、ひとまず10年ぶりにアンヘレスがどうなったのか、ふらりと降り立っている。

アンヘレスは1991年までアメリカ軍の「クラーク基地」があった場所である。

ピナツボ火山が大噴火した後、この基地は火山灰で埋もれてしまって米軍は撤退した。(アンヘレス。米軍基地が発祥の退廃したフィリピン売春地帯

しかし、アメリカ軍が残した「遺産」が今もアンヘレスには残されている。その「遺産」とは何か。もちろん、それは言うまでもない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事