◆2015年アンヘレス。変わった街の光景を見てのんびり過ごす

NO IMAGE

久しぶりのフィリピンだったが、やはり1週間と言えども海外の空気を吸っていると、かつて旅から旅へとさまよっていた時代を思い出して懐かしい気持ちになる。

フィリピン・アンヘレスはずいぶん開発されて、ゴーゴー・バーも一見さんを効率よく回して集客する「バーのファストフード化」が見られた。

かつて、タイのパッポンが辿った道なのだが、観光客が増える以上は、そういった変化が起きるのも仕方がないのかもしれない。

それでも、フィリピン人の気質は変わっておらず、弾けるような明るさと、今を燃焼して生きる姿は健在で、「そうだ、これがフィリピンだった」と思い起こさせるのに充分だった。

それに触れただけでもフィリピンに来た甲斐があった。今回は雑感になるが、いくつか思いついたことを書いてみたい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net