◆犯罪を犯した人たちの知能指数はどのレベルが一番多いのか

NO IMAGE

総務省が取りまとめ、独立行政法人統計センターが運用管理を行っている政府統計の総合窓口「e-Stat」に、「新受刑者の罪名別・能力検査値」というデータがある。(データ

これは何を調べたデータなのかというと、その年に新しく犯罪を犯した罪人の知能指数(IQ)を調べて、犯罪を犯した人間はどのレベルの知能であったかを見るものだ。

IQは高ければ高いほど天才と呼ばれるようになり、低ければ低いほど知的障害に近づいていく。平均値は100で、85から115の範囲が標準であると言われている。

あくまでも類推だが、高いIQを持つ著名人では以下の人たちが有名だ。

アインシュタイン……173
モーツァルト……150
ビル・ゲイツ……160
ヒラリー・クリントン……140

ギネスブックに掲載されている高IQの人物はマリリン・ボス・サバントという女性で、ギネスブックに掲載された知能指数は「228」だった。もはや人間の限界を超えた知能だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事