◆フラッカ。ゾンビ・ドラッグと呼ばれる超危険ドラッグの依存者の姿

◆フラッカ。ゾンビ・ドラッグと呼ばれる超危険ドラッグの依存者の姿

閲覧注意
日本を一歩出ると、ドラッグはどこにでもある。信じられないかも知れないが、所持しているだけで終身刑になるようなものが、本当にそこいらに蔓延している。それを、いろんな人が気軽に手を出したり勧めてきたりする。

東南アジアでも例外ではない。タイでもカンボジアでもフィリピンでもインドネシアでも、マリファナやマジック・マッシュルームくらいならビーチで寄ってきた男女に囁くだけで数分後には手に入っている。

ビーチがなければ、歓楽街でも、ディスコでも、売春地帯でも、どこでも好きなところに行って、隣にやって来る胡散臭い人間に言えば、売人を紹介してくれる。アンダーグラウンドとは、そういう世界である。

マリファナはアメリカのいくつかの州では解禁されて、成人であれば誰でも吸えるようになった。未だ賛否両論があるが、合法化された州ではマリファナを吸っても逮捕されることはない。そして、それは広がっている。

しかし、覚醒剤・ヘロイン・コカインのようなケミカル系の危険なドラッグはこの先100年経っても200年経っても、絶対に解禁されることはない。解禁されることはないが、どれだけ撲滅運動が為されても世の中から消えない。

さらに、最近は「危険ドラッグ」のような合成ドラッグも次々と誕生して、ドラッグの裾野は広がっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事