盗撮

◆アスリート盗撮。「すべての女性」は盗撮されて当たり前の時代になる

2021年1月29日、『週刊SPA!』で「女性アスリート盗撮被害のひどい実態 競技団体も守ってくれない」という特集をやっていた。(週刊SPA!:女性アスリート盗撮被害のひどい実態。「競技団体も守ってくれない」) アスリートは競技に勝つためにより機能的な服装を選択するのだが、それは露出の多いものであったり、肌に密着するものであったりするので、どんどん女性の身体のラインが露わになっていく。 加えて、ア […]

◆盗撮ハンターという犯罪と、ミニスカートの女性を見た瞬間に分別を忘れる男

日本のスマートフォンはどの機種も消せないシャッター音が組み込まれている。サイレントモードにしても同じだ。 これは、日本でスマートフォンが流行する以前から、携帯電話で女性のスカートの奥を盗撮する犯罪が絶えなかったからだ。携帯電話各社が自主規制していることから、アップルなどもその慣行を踏襲した。 アップルは、それぞれの国でそれぞれの法律に合わせてアイフォーンをチューニングしている。たとえば、国によって […]

◆窃視は禁止されても「バレないように注意深くやろう」と常習者は考える

新年早々、スマートフォンを自分のカバンに入れて床に置き、女性のスカートの中を盗撮していた男が現行犯逮捕されている。この男は東京都環境局に勤める中村大輔という33歳の男だった。 きちんとした職業に就いている男が人生を棒に振るような行為をわざわざ起こして逮捕されているのだから、女性のスカートの中をのぞきたいという男の欲求は凄まじく強烈であることが分かる。 エスカレーターで前に立っている女性のスカートに […]

◆盗撮カメラの氾濫。最悪の事態は覚悟しなければならないのかもしれない

2019年03月20日、韓国の警察は4人の男を逮捕している。この男たちはホテルに隠しカメラを設置し、その映像をインターネットで「生中継」していたのだった。 隠しカメラが設置されたホテルは30の宿泊施設で、総計42の客室に仕掛けられ、2018年11月24日から2019年3月3日までに1600人の宿泊客が盗撮の被害に遭っていた。このインターネットの「生中継」を見るために4099人がメンバー登録をしてい […]