売春地帯をさまよい歩いた日々

1/6ページ

◆後味が悪すぎた別れ。「甘い言葉の過食」も人生に悪い?

タイ編 バンコクの売春地帯パッポンに沈没していた時、ゴーゴーバー『キングス・キャッスル』で、カモシカのように脚の長い痩身(スキニー)な女性がいた。名前は忘れてしまった。 それほど美人ではなかったが、彼女はとても人気があった。美しい女が他に山ほどいたのだが、それでも彼女の人気は大したものだったと思う。 ある時、彼女がバーで白人(ファラン)の客と楽しく談笑している中で、後からやってきた別のファランが彼 […]

『売春地帯を、さまよい歩いた日々』これがブラックアジアの原点

ブラックアジアでは、東南アジアの売春地帯をさまよい歩いていた日々の記録を残しています。東南アジアの売春地帯とはどんなところだったのか。貧困と無理解の中で、女性たちはどのように生きていたのか。 これは、ブラックアジアのルーツです。ブラックアジアのすべてはここから始まりました。 ・カンボジア・タイ編 ・インドネシア・シンガポール編 ・インド・バングラデシュ編 ・フィリピン・タイ編 これらはすべて、有料 […]

◆売春する女たちと付き合うのは悪くないと私は考えている

売春ビジネスをする女性と付き合うというのは、人生の大きなマイナスになると言われている。それは一面の事実だから、彼女たちと付き合うなという忠告をする人がいたら、その言うことはよく聞いておいた方がいい。 まず、売春する女たちと付き合うと金がかかる。時には裏切られるかもしれない。彼女を通して悪い人間と知り合い、引きずり込まれる可能性もある。性病をうつされるかもしれない。治らない性病も世の中にはある。 売 […]

◆オープンバーでいきなり女性をクリニングスしたファラン

パタヤは、今やタイで最大の売春地帯と化した。そこではアルコールとセックスが満ち溢れ、多くの男たちが泥酔しながら女性に貪りつく。(ブラックアジア タイ〈パタヤ〉編) ところで、4月と言えばタイで狂気のお祭りがある。ソンクラーンと呼ばれるものだ。この時期のタイはパタヤにいても最悪の日々と化す。 どこにいても、歩いていたらいきなり大量の水をぶっかけられるのである。 道の真ん中を歩いていたら両側から水鉄砲 […]

◆タイでは、野良犬も素性の知れない旅行者も同じ扱いだった

日本では野良犬が街をさまよっている光景はほとんど見ないが、海外にいくと、タイには野良犬がうろうろしていて危険なこともある。 タイではバンコクにも路上で野良犬が寝ていることも多く、スクンビットではすっかり人気になった牛のような模様の犬が秘かに人気になったりしたこともあった。 可愛らしい犬ならそれはそれで街の風物になるのだが、中には明らかに皮膚病を持った犬や、身体中が汚れてうっかり目が合うと牙を剥き出 […]

◆彼女は、とても端正な顔をしていたのに客がつかなかった

タイ編 2005年頃だろうか。一時期、ずっとフィリピンの売春地帯アンヘレスに入り浸っているときがあった。アンヘレスはマニラから車で1時間30分ほど走ったところにある。 今や巨大なショッピングモールなどができて発展した街になったようだが、2005年頃のアンヘレスは売春地帯しか見所が何もないような場所だった。 そこの雰囲気が、なぜかタイの売春地帯パタヤを思い起こさせた。そのせいか、アンヘレスに倦んだ後 […]

◆シャキーラ。アフリカから来た陽気な酔っ払いの売春女性

ハイエナの夜 久しぶりにバンコクをさまよい歩いていると、ちょうどソイ・アソークは反タクシン派に道路封鎖されて、大勢の人々が気炎を上げているところだった。 ソイ・アソークと言えば売春ストリートであるソイ・カウボーイが近くにあるので寄ってみると、ほとんど客がおらず閑散としていた。 女性たちが店に誘うが、あまり惹かれることもなく、様子だけを見てからすぐにそこを抜けて、今度は歩いてナナまで行ってみる。 淫 […]

◆疲れ切っていたフォーンの心理が、手に取るように見えた

タイ編 フォーンは、いろんな意味でやる気のない女性だった。小柄で、痩せているように見えて、実は日頃の不摂生がたたって、むっちりと下腹部や太ももに脂肪がついていた。 太っているようには見えないのだが、その実、下半身だけは太っている女性は多い。 そうなるのは水分の取り過ぎだと誰かに聞いた気がするが、フォーンもそうだったのかもしれない。足を組むと、どこか不格好になった。 彼女はタイ・パタヤのオープン・バ […]

◆黒人ハーフの女性には、惹かれながらも深入りしたくない

タイ編 体力と好奇心は、もしかしたら連動しているのかもしれないと思うときがある。体力があるときは、街を歩いていても好奇心で満ち溢れていく。まるで街の喧騒が、自分の中に流れ込んで来るような気持ちになる。 街の光景、喧噪、風、そしてすれ違う女性のすべてに関心が向いて、いろんな感情が渦巻いて自分の心を埋め尽くしていく。それが当たり前だった。 体力を失うと、同じように街を歩いていても、街の躍動が心に飛び込 […]

◆鈴木傾城は「私、エイズなのよ」とつぶやいた女を抱いた

タイ編 彼女はバンコクのスクンビット通りで昼間から徘徊しているフリーの売春女性だった。ひどく痩せ細り、肩も薄く、あばらが刻まれ、額にまで血管が浮き出ていた。 「私、エイズなのよ……」 彼女は憎しみのこもった目で、そうつぶやいた。 彼女がつぶやいたそのときの光景を、今でもよく覚えている。男が聞き間違えないように、きちんと確認さえした。 「分かる? 私はエイズなの。本当よ」 彼女はそうやって、男が最大 […]

◆不気味なインドネシア・モロ島と、打ち捨てられた村の女性

インドネシア編 目的もなく、はっきりとした予定もなく、ただひとりで好きなように地を這うのが私の旅だ。そこに行けば何があるのか分からないので、そこに行く。 何もないかも知れない。しかし、何もないということが印象に焼き付いて、忘れられなくなる。 インドネシアのリアウ諸島に「モロ島」という島がある。そこに行ったのも、ただ行ってみたいと唐突に思っただけで、予定に組み込んでいたわけでも、何かを探していたわけ […]

◆デリア(2)デリアはどこかに隠れて見ていたはずだった

インド編 寡黙なデリアと、威厳のある老人のふたりに導かれてデリアの部屋に入る。狭い部屋はむっとした空気に包まれており、じめじめして気持ちが悪かった。 デリアは小さな木枠の窓を開けた。外側から金網が頑丈に張っていて、誰も入れないし、逃げられないようになっている。 (ああ、ここもケージ(鳥かご)なんだな……) 何となくそんなことを考えた。こんなものは壊そうと思えば壊せるが、心理的な圧迫感はある。 ムン […]

◆デリア(1)。暗闇の中でじっと私を見ていたベンガル女性

インド編 インドの売春地帯で知った顔が増えてくると、あちこちの女性と話し込むことも増える。 女性たちも、異国から来た男に慣れてくると、暇つぶしにちょうどいいと思うのか、帰ると言っても帰してくれない。 話の内容は、どの女もほとんど決まっている。 他の女の悪口か、自分はいかに金がなくて生活がつらいかという愚痴である。そして、最後には「金をくれ」「バクシーシ」となる。 どうしても男が金を出さないと、金切 […]

◆アジアの女性は、貧困に落ちた日本人でも愛するだろうか?

フィリピン編 フィリピンをさまよっていると、どんな場所に行っても、たとえ知らないスラムに紛れ込んでも、会うことになる「女性」がいる。それは、「日本語ができる女性」だ。 路地裏の、どこかの店で歩き疲れた身体を休めようと座る。そうすると、すぐに人が大勢集まって、好奇心いっぱいに声を掛けてくる。 「どこから来たの?」「何してるの?」 日本から来たと答えれば、まわり中に「日本人がふらふらやって来た」と噂が […]

◆アドレナリン・セックス。ラクミが暴力で教えてくれたもの

インド編 インドの売春地帯に放り込まれた女性は、文字が読めないどころか、まったく教育を受けたこともないことが珍しくない。 そんな中で、激しい自己主張を繰り広げ、生きるために信じられないほど荒々しく、粗野になった女性も多い。 売春地帯では年中、どこかから女性の罵声や悲鳴が聞こえてきたり、女性同士が殴り合って喧嘩している姿を見る。 欧米や東南アジアの売春地帯では、男というのは「誘う」ものだが、インドの […]

◆ミミンの匂い(1)インドネシアの山奥の村にいた美しい娘

インドネシア編 人は誰でも自分の人生で、どうしても忘れられない人と出会うことがある。自分の心をときめかせてくれる人がいる。 優しくて、一緒にいると安心できて、触れ合うことに喜びを感じることができる人。出会った瞬間に、本当に何の違和感もなく受け入れられて、自分の探し求めていた何かにぴったりと当てはまる人。 振り返って見ると、インドネシアで出会ったミミンはそんな女性だったのかもしれない。出会ったときか […]

◆白人が好きだと言って、やがてドイツ人と結婚したディラン

タイ編 断片的にしか思い出せない女性がいる。覚えていることのひとつひとつは鮮明なのだが、虫食いのように途中の記憶が消えていて、全体像がつかめない。 しかし、忘れがたい。 ディランという男性名を持つパッポンで知り合った「女性」は、まさにそんな想い出のひとつだった。 断片しか覚えていないが、その断片が強烈なので、その部分だけで永遠に忘れない。 人間の記憶とは本当に不思議なものだ。 何が記憶に残り、何が […]

◆夜の街をさまよう男に取り憑いている「深い陰」とは何か?

インド編 アジアの夜の街をさまよい歩く男の姿を見ればいい。歓楽街は陽気で、馬鹿げていて、あちこちで乱痴気騒ぎが行われている。そこで、男たちが飲んで騒ぐ。 多くの男たちは享楽に浮かれて身を持ち崩しているように見える。彼らは性欲に支配されているように見える。 しかし、東南アジア・南アジアの巨大歓楽街や売春地帯を仔細に見つめたとき、ふと気がつくのは、流れ流されてやってきた男たちにも、深い陰(かげ)がある […]

◆パタヤ。女性、酒、ドラッグに溺れるハイエナの「ゆりかご」

タイ編 2012年8月6日、タイ・パタヤのビーチロードでイタリア人がレディーボーイに財布を奪われ、2人の容疑者が逮捕されている。 通りかかる男に抱きついて、油断している隙にポケットから財布を抜き取り、近くにいる共犯者のひとりに財布を渡して逃亡させる。これは、ビーチロードでは典型的なスリ事件だ。 この手の事件は毎日のように起きていて、パタヤでは珍しくも何ともない。 この事件で容疑者のカバンの中身が開 […]

◆海外に高飛びした犯罪者と、売春地帯をさまよう男の共通点

東南アジアは各国の犯罪者がさまよい歩く。詐欺で逃げ回っている男も、強盗で逃げ回っている男も、殺人で逃げ回っている男も、みんな東南アジアにいる。 2008年にロシアのマフィアが逮捕されたのはパタヤのサービス・アパートだった。イギリスのロリコン犯罪者が捕まったのもパタヤだった。 ナイジェリアの人身売買屋はスクンビットにいた。日本の暴力団や犯罪者の多くはフィリピンに潜む。 なるほど、危ない犯罪を犯した男 […]

1 6