ソープランド

◆ソープランドは風営法による「兵糧攻め」によって、いずれ自然消滅してしまう

最近、日本の社会の建前をさらけ出して人々に決まり悪くさせる事件が起きていた。2020年8月26日、東京都葛飾区にある老舗ソープランド「亀有角えび店」の店長と従業員が逮捕された事件だ。 容疑は「売春防止法違反」。 警視庁保安課が言うには、この店の店長は「女性従業員が売春をすると知りながら場所を提供した」というのである。これを聞いて、世の中の男たちはみんな失笑するしかなかった。 ソープランドというのは […]

◆そして神戸。元町の南京町、大安亭市場。そしてソープ街「福原」を歩く

アンダーグラウンドには、身体と性サービスを売りながら、日本を転々として回っている女たちがいる。今、私はこうした女たちを追いかけて話を聞いている。(アマゾン:野良犬の女たち ジャパン・ディープナイト) 女性は一ヶ所に定住する傾向があるのだが、風俗の女たちは意外に流れ者のように生きていたのである。 その理由は「身バレしたくない」「追い込んで稼ぎたい」「地元に働き場所がない」「諸般の事情で地元にいられな […]

◆膣内射精可の風俗嬢とそうでない風俗嬢の性病の危険度が同じ理由

2018年9月11日。日経新聞は『梅毒、半年で3200人。最多の昨年上回るペース』というタイトルで、梅毒が2018年6月までに患者数が3236人になっていることを記事にしている。 『近年の患者の急増は驚異的だ』『女性は20代前半の若い世代に極端に患者が多い』と書かれている。なぜ若い女性が多いのか。そして、なぜここ数年で爆発的に梅毒が日本で流行するようになっているのか。 マスコミは言葉を濁すが、梅毒 […]

◆日本人よ。風俗から梅毒にかかる地獄の流れは定着したと覚悟せよ

閲覧注意 梅毒の勢いが止まらない。マスコミは「若い女性の間でなぜか梅毒が大流行している」と書いているのだが、「なぜ」梅毒が若い女性の間で大流行しているのかと言うと、若い女性が内緒で風俗に働いているからだ。 一見、風俗で働いているように見えない女性が、風俗で働いている。主婦ですらも人知れず風俗で働く環境ができあがっている。 そして、その風俗には大量の外国人が流れ込んでいる。日本人の男たちが経済的な理 […]

◆ソープランド嬢の本当の地獄がこれから始まる理由とは?

2017年9月19日、西日本新聞は『危機的状況。九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多』というタイトルで記事を出している。 HIV感染者、エイズ患者の新規報告者数が2015年と比べて61%も増えて一気に計92人になっていた。この内訳については9割が日本人ということなので、日本人83人、外国人9人が新たに陽性になったということになる。 また6割が同性間性的接触、4割が異性間性 […]