◆そして神戸。元町の南京町、大安亭市場。そしてソープ街「福原」を歩く

◆そして神戸。元町の南京町、大安亭市場。そしてソープ街「福原」を歩く

アンダーグラウンドには、身体と性サービスを売りながら、日本を転々として回っている女たちがいる。今、私はこうした女たちを追いかけて話を聞いている。(ブラックアジア:野良犬の女たち(ストリート売春、そして流れ者の女)

女性は一ヶ所に定住する傾向があるのだが、風俗の女たちは意外に流れ者のように生きていたのである。

その理由は「身バレしたくない」「追い込んで稼ぎたい」「地元に働き場所がない」「諸般の事情で地元にいられなくなった」「旅行がてらに働きたい」とか、本当に多種多様だ。

関東出身の女性が、四国の松山市で働いたり、沖縄の女性が尼崎で働いたり、逆に関西の女性が東京で働いたりする。ソープランドで働く女性たちは店を転々と変えるのだが、こうした女性たちに話を聞くと必ず出てくる地名がある。

それは「東の吉原、西の福原」である。

福原とは「兵庫県神戸市兵庫区」の福原だ。宇都宮に出稼ぎに行っていた女性も「福原のソープで働いたことがある」と私に言った。(ブラックアジア:死にたくなって宇都宮。東京を離れた20歳の風俗嬢は生き残れるか(1)

こうした女性たちの話を聞くうちに、私も神戸・福原を実際に見ておこうという気持ちになった。女たちがどんな街で働いているのか、神戸をぶらぶらと歩くついでに、福原も歩いてみてきた。神戸は、こんなところだった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事