◆生かされて無限地獄になるのであれば、死を選ぶのも合理性のひとつ

◆生かされて無限地獄になるのであれば、死を選ぶのも合理性のひとつ

「尊厳死」という言葉がある。日本尊厳死協会によると、尊厳死とは「延命措置を断わって自然死を迎えること」とある。「不治で末期」の場合、延命させるためだけに延命治療するのを拒否し、本人の意志によって自然死する。

日本は「死」に対して深い議論もせず、そのまま曖昧な状態にしてきた。しかし、そろそろ「尊厳死」を肯定し、法制化しなければならない時期に入っているのではないだろうか。

日本ではすでに「延命治療は行わないで下さい」と言って尊厳死を望む人に対しては尊厳死を認める方向に動いている。

延命治療によって何年も「生かされる」のは本人の本意ではないことが多い。また家族にも大きな負担をかける。そのため、そんな植物人間のような状態で生きるよりは死を望む人も多いのである。

尊厳を持って死にたいということだ。

しかし、必ずしも尊厳死に肯定する意見ばかりではない。医療の現場でも尊厳死を否定する医師も多い。医師は「患者を生かすために働く人」であり、「患者を殺すのは医師の仕事ではない」という意見があるからだ。

そもそも尊厳死は法定化されておらず、責任問題も発生する。そのため、日本では「尊厳を持って死ぬ」ことができないことが多く、苦しみながら生かされる姿もある。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事