◆見逃すな。インド圏の若い女性が昔と違ってエロチックになった理由

◆見逃すな。インド圏の若い女性が昔と違ってエロチックになった理由

インド女性と言えば、美的感覚が欧米的なものや東南アジア的なものとはまったく違う。また、インド女性の顔も容姿も独特だ。

そのため、欧米のハイエナも日本人のハイエナたちも、あえてインド大陸にまで行って、女たちを抱こうとはしなかった。

インド圏には売春地帯が大量にある。

危険で劣悪で女たちは男を憎悪しながら売春しているのだが、そういった荒廃した環境を好むハイエナたちもたくさんいるのに売春地帯のためにインド圏に行こうと思う男はなかなかいない。

環境が悪いだけならまだしも、女性の体型や容姿があまりにも標準とはかけ離れているので、二の足を踏んでしまうのである。

しかし、時代は変わっているし、インド圏(インド・バングラデシュ・スリランカ)の女性も変わってきている。悪い方向ではない。かなり「良い方向」に変わってきている。

エロチックになっているのである。いったい、インド圏の女性たちに何があったのか。今、インドでは「大きな心理的変化」が起きていて、それがインド文化を急激に変えようとしているのだ。

ハイエナであれば、この変化を見逃すのはもったいない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事