◆奇形の顔を持った子供が神として崇められるインド宗教事情

NO IMAGE

インドでは時々、奇妙な子供が生まれ「神の生まれ変わり」と呼ばれることがある。

背中から尻尾が生えた少年がいたが、彼は「ハヌマーンの生まれ変わりだ」として今や崇拝の対象になっている。

身体の左側から余計な手足がついて合計8本の手足を持つ子供が生まれると、「ブラフマーの生まれ変わりだ」として、両親は神に感謝するという事態となった。

そして、最近では北部ウッタール・プラデシュ州のアリーガルと呼ばれる街で、「ガネーシャの生まれ変わりだ」として大騒ぎになっている女の子がいる。

彼女は顔と顔の間、鼻の部分に大きな腫瘍があるのだが、それがインドの神「ガネーシャ」を想像させるものだった。

彼女が生まれたのは2015年2月の終わりだったが、3月に入った頃になると、もうインド中が彼女の存在で持ちきりになっていて、わざわざ遠方から神を拝みに来る人が絶えないのだと言う。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事