◆「デリヘルの共同経営者になりませんか?」と頼まれた日

NO IMAGE

デリヘルは誰でも開業できる。所轄の警察署に『無店舗型性風俗特殊営業開始届出書』を出すだけでいい。後は女性を集め、広告を出し、客を待てばいい。

もっとも、開業は簡単だが、それですぐに儲かるのかは、店のコンセプトや、女性の質や、経営手腕や、競争の有無にかかっている。

何の特徴もないようなデリヘルは、もはや大勢に埋もれて男たちの目に止まらない。何か「尖ったもの」がそこになければならない。

ある店は「超激安」を謳い、ある店は「18歳と19歳だけを集めた」と謳う。ある店は「高身長の女性だけを集めた」、ある店は「妊娠した女性だけを集めた」と喧伝する。

ある店は「タトゥーやピアスが入った女性だけを集めた」、そしてある店は「目隠しした女性に好きなことをしてもいい」……等々、そのコンセプトは多種多様でめまいがするほどだ。

これだけ多種多様であるというのは、もはや「普通」であれば他に埋もれて客の目に止まらず、すぐに経営に行き詰まってしまうからでもある。だから、コンセプトとアイデアが重要になる。そして、当たれば大きな収穫を得る。

数日前、「デリヘルの共同経営者になりませんか?」と誘い水をかけられた。「お時間がなければ、店の経営は私がやります。出資して頂ければ利益は折半でも構いません」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事