どこに行っても同じ光景、同じ商品、同じ価値観で固定化?

NO IMAGE

2013年にインド・コルカタに行った時、何度かバスに乗っているのだが、そのバスの中で電話音がして男が耳に当てたのはアップルのアイフォーンだった。

インドでは今も物乞いビジネスで生きている人々もいるのだが、一方でアイフォーンを所有してコミュニケーションをしている人々も大勢いる。

2017年にカンボジアにいた時、知り合った女性はアンドロイドのスマートフォンを持っていて、私がアイフォーンを持っているのに気付くと「もう少しお金を作ったら、アイフォーンを買うの」と彼女は夢を語った。

2018年1月に真夜中の東京でひとりのタイ女性に会ったのだが、彼女はアイフォーンを持っていて、歩く時もそれを手放さなかった。

2000年代、全世界でマイクロソフトのウィンドウズが使われるようになって「世界は多国籍企業のグローバル化戦略で画一化した」と私は感じた。

スマートフォンが全世界を席巻するようになると、この「画一化」はさらに加速していることに嫌でも気付く。

途上国・先進国関係なく、すべての人がスマートフォンを使いこなしてアップルやグーグルのような多国籍企業の文化の中にどっぷりと浸っている。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

文化的侵略されているという意識すらも持たない

人々は深い考えは何も持たないで、アップルやグーグルの製品が快適でサービスが良いからそれを使っている。

それによって全世界の「画一化」が生まれているのだが、どんなに強烈な自国史上主義の人であっても、決して「マイクロソフトやアップルやグーグルの製品は使うな、使わせるな」とは言わないし、考えない。

これらのアメリカ企業は根幹となるOS部分を掌握しており、もはや代替製品がない。また、こうした製品は強制されて導入されたものではないので排除の理論が働かない。

結果を見ると、グローバル化によって世界共通の製品が行き渡って文化の画一化が為されているのだが、人々は「多国籍企業によって画一化の世界に強制されている」とは考えない。

また、多国籍企業も別に悪意を持って「全世界を画一化してやる」と考えて何かをしているわけではない。ただ利益のために自社製品やサービスをたくさんの人に使ってもらいたいと思って活動しているだけに過ぎない。

社会を観察すれば、今でも世界は「文化的侵略」というものに非常に敏感になっているのを私たちは発見する。

たとえば中東のイスラム圏では西洋的な文化がイスラムを侵食するのを激しく嫌っていたり、逆に欧米では女性がブルカやジルバブをかぶって街を歩くのを嫌って、互いに排斥運動をしたり嫌悪を表明したりしている。

インドのヒンドゥー主義者もまた欧米の文化やイスラムの文化が自国で広がっていくのを激しく嫌って、強硬にヒンドゥー主義を人々に押しつけて回っている。

それなのに、そんな人たちが多国籍企業の製品やサービスにはほとんど抵抗や拒絶心を持たず、知らず知らずのうちに馴染んで取り込んで離れられなくなっているのである。

実際にはグローバル化した多国籍企業の提供する製品やサービスの方が人々の生活や文化に大きな影響を与えているのに、人々はそこに脅威などまったく感じない。「文化的侵略されている」という意識すらも持たない。

拒絶心も排斥心もない。それどころか、逆に憧れや安心や愛着を抱く人の方が多い。多国籍企業は知らずして文化的統一と画一化を成し遂げていたのだ。

ブラックアジアの有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

地場産業が衰退し、淘汰され、消えていく理由とは

多国籍企業は新興国に大量のコマーシャルを流して、どんどんその文化の中に浸透している。まさにその動きこそがグローバル化の動きであって、これが世界を強制的に変化させている原因だ。

私が愛する東南アジア・南アジアも、ずいぶん画一化した。

これらの国々でエキゾチックな文化に浸ってのんびりしたいと思っても、その中に多国籍企業の看板や製品がずいぶん目に付く。そういう社会になっているのである。

そういえば、10年ほど前までインドの郊外では髪や身体を洗う時には泥を使っていたが、今では安く変える石鹸やシャンプーが浸透してそれに変わっている。

これらの石鹸やシャンプーは貧しい人たちでも買えるように小分けで売られている。

では、この石鹸はどこが作っているのか。大手メーカーはユニリーバ。イギリス企業(正確にはイギリスとオランダに経営機能を持つ多国籍企業)である。

ユニリーバはインドで確固たるブランドを築いている。これらの人たちが生活レベルを上げるたびに、ユニリーバの高級商品が彼らの手に渡っていくことになる。

グローバル化した社会では、多国籍企業が巨大な市場を求めて世界中のどこにでも浸透していくから、地場産業は衰退し、淘汰され、消えていく。

国がグローバル化に組み込まれると、主要な製品はすべて多国籍企業の製品に入れ替わっていくのである。なぜか。多国籍企業の製品やサービスの方がずっと質が良いことが多いからだ。

さらに製品の質が同じであっても、多国籍企業の製品は莫大な広告費によって認知度が高められているので、人々は無意識に多国籍企業の製品を選ぶことになる。

どこに行っても同じ光景、同じ商品、同じ価値観

コンビニで売られるものは、自国の大企業のものと、海外の多国籍企業のものに二分される。日本でも、コカコーラやエビアンなどは普通に売っているが、これらが多国籍企業であるのは言うまでもない。

スーパーもデパートもショッピングモールも、地元のものがスケールで敗退して、莫大な資本を投下できる多国籍企業がゆっくりと確実にその地に浸透していく。

テスコ、カルフール、ウォールマートという巨大ショッピングモール店はそれぞれイギリス、フランス、アメリカの資本だが、買い物をする人間がそんなことはいちいち考えていない。

趣味が良い空間で、大量にモノがあって、安く買えるのであれば、どこの国の資本でも歓迎するし、それが文化侵略などとは思わない。

外国資本のショッピング・モールに入っているテナントは、マクドナルドだったり、ケンタッキー・フライド・チキンだったり、あるいはスターバックスだったりする。

しかし、それらに目くじらを立てる人間もいない。これらは新興国にとって、先進国の香りがする「素晴らしい企業」であり、文化侵略どころか「憧れ」だからだ。

これらの多国籍企業はゆっくり、着実に、世界に浸透していき、やがてどこの国に行っても代わり映えのしない多国籍企業の看板に埋め尽くされる。

グローバル化は世界を征服してしまっている。そして確実に文化を画一化させている。

多国籍企業は経済的な論理で激しいグローバル化を追い求めているが、その結果についてはほとんど無視されているように思える。

グローバル化の行き着く先は、すべてが画一化されたようなモノクロの世界だ。世界中、どこに行っても同じ光景、同じ商品、同じ価値観で固定化される。

多国籍企業は、その商品が全世界を覆い尽くすまで止まらないのは間違いない。この動きに歯止めはかからない。資本主義が終わるまで続く。

すでに私たちは、世界中どこにいてもアイフォーンをそのまま使い、VISAやマスターカードで決済し、コカコーラを飲み、マクドナルドを食べ、スターバックスでくつろぐ。

「旅」のインパクトが昔に比べて薄れているのは、もう世界が充分に画一化されてしまったからではないか。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

タイのマクドナルドは合掌(ワイ)をしていると常々話題になる。しかし、マクドナルドはマクドナルドだ。グローバル化の行き着く先は、すべてが画一化されたようなモノクロの世界だ。世界中、どこに行っても同じ光景、同じ商品、同じ価値観で固定化される。

ツイッターで鈴木傾城をフォローして頂くと、執筆・更新状況などが総合的に分かります。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事