◆どこに行っても同じ光景、同じ商品、同じ価値観で固定化?

NO IMAGE

2013年にインド・コルカタに行った時、何度かバスに乗っているのだが、そのバスの中で電話音がして男が耳に当てたのはアップルのアイフォーンだった。

インドでは今も物乞いビジネスで生きている人々もいるのだが、一方でアイフォーンを所有してコミュニケーションをしている人々も大勢いる。

2017年にカンボジアにいた時、知り合った女性はアンドロイドのスマートフォンを持っていて、私がアイフォーンを持っているのに気付くと「もう少しお金を作ったら、アイフォーンを買うの」と彼女は夢を語った。

2018年1月に真夜中の東京でひとりのタイ女性に会ったのだが、彼女はアイフォーンを持っていて、歩く時もそれを手放さなかった。

2000年代、全世界でマイクロソフトのウィンドウズが使われるようになって「世界は多国籍企業のグローバル化戦略で画一化した」と私は感じた。

スマートフォンが全世界を席巻するようになると、この「画一化」はさらに加速していることに嫌でも気付く。

途上国・先進国関係なく、すべての人がスマートフォンを使いこなしてアップルやグーグルのような多国籍企業の文化の中にどっぷりと浸っている。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事