◆大家族を捨てて核家族に走った日本。その弊害が顕著になる

◆大家族を捨てて核家族に走った日本。その弊害が顕著になる

インドネシアに行くと、都会では小さなカンポン(集落)に若い親たちが核家族で生活している姿をよく見かける。

もっとも、日本の核家族と違って、近所中の人間がやってきたりしていて孤立している感じではない。

そして、少し地方に行くと、ひとつの家の中で親戚一同が全員そこで住んでいるかのような大家族に巡りあったりする。人間環境が濃密だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事