◆フィリピン女性。当時の日本人は彼女たちをどう見ていたか?

NO IMAGE

フィリピン編
あなたは覚えているだろうか。1980年代から2000年代半ばまで、日本の夜の世界にはフィリピン女性で溢れていたことを……。

日本に就業目的でやってくる外国人の60%はフィリピン人だった。外国人「女性」に限れば、なんと日本で働く外国人女性の80%は、フィリピンから来た女性だったのだ。

日本のバブル時代から彼女たちは日本に来ていた。そして、日本の夜に定着していった。そして、バブルが崩壊したあとも、彼女たちは日本にずっといた。

「じゃぱゆきさん」という言葉もあった。日本の夜の世界で働く外国人女性、たとえばタイ女性も韓国人女性も、みんな「じゃぱゆきさん」の中に入っていたはずだ。

しかし、1990年代は、いつしかそれはフィリピン女性を代表する言葉になっていった。なぜなのか。それは、数で彼女たちが他を圧倒していたからである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net