◆黒い肌のルビー(1)一目惚れ、意気投合、一気呵成に結婚話

◆黒い肌のルビー(1)一目惚れ、意気投合、一気呵成に結婚話

フィリピン編
まずいことになったとルビーを見てつくづく思った。

一番まずいのは、彼女に一目惚れしてしまって、怒濤のようなスピードで結婚の話まで進んでしまったことだった。

一目惚れ、意気投合、相思相愛、一気呵成の結婚話。おおよそ、あってはならない展開が目の前で進んでいた。

本当は、ここで優柔不断であることが一番問題をこじらすのは分かっている。ルビーから、離れて、二度と会わない選択をしなければならなかった。

それなのに、何度も会うというミスを犯した。彼女の魅力にどっぷりと浸かっていたので、優柔不断を継続してしまった。

そして、彼女に「わたしは結婚できるかもしれない」と思わせてしまった。非常にまずい展開だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事