◆ウィナ。大人の顔に子供の身体がついているように見えた

◆ウィナ。大人の顔に子供の身体がついているように見えた

インドネシア編
もし彼女と同じ境遇だったとき、耐えられるだろうか、と考えることがよくある。

ウィナのときもそうだった。

来る日も来る日も、夜になると、熱帯のどんよりと湿った空気の中で立ち続け、道ゆく男たちの好奇の目にさらされ続けなければならない。

体調が悪くても関係ない。休ませてくれない。飼い殺しだ。

自分が肉体を張って稼いだ金なのに、オーナーに大半を搾取される。オーナーは全身入れ墨のヤクザで、管理するのは人を人と思わない年中罵り声を上げる女。

ウィナは、そんな中で8ヶ月以上も拘束されていた。もし彼女と同じ境遇だったとき、耐えられるだろうか……。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事