◆マニラ首都圏の沈没。2009年と同じ最悪規模になりつつある

NO IMAGE

モンスーンの季節に入ったアジアで、激しい豪雨の被害が相次いで起きている。

フィリピンでも7月から降り始めた雨が8月に入って脅威を増しており、8月3日には台風の直撃もあり、マニラ首都圏を中心に尋常ではない被害を出し始めている。

2009年、2010年にフィリピンはやはり首都機能が麻痺するほどの被害を受けた。2011年にはミンダナオで集中豪雨、土砂災害、そして2012年はまたマニラ首都圏に豪雨が戻ってきている。

多数の死者がマニラを中心にして増え続けており、2012年8月8日で死者は50人を超えている。

首都圏の降雨量は8月7日の1日だけで504ミリに達している。13万人が家を追われ、7万人が避難生活を余儀なくされている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事