◆すべての女性が知るべき事実。女性の価値と暴力の価値の関係

NO IMAGE

戦争になると、女性は暴力とレイプの対象となる。そして、戦争が終わると、貧困のために多くの女性が生活していけなくなって売春ビジネスに関わっていく。

1945年8月15日に敗戦を迎えた日本も、すぐにその後から夜の町に立つ女たちが目立つようになって、やがて彼女たちはパンパンと呼ばれるようになった。

赤線・青線で働いていた女性が立つようになったのではなく、素人の女性が生活のために自主的に立っていた。親を亡くしたストリート・チルドレンのようになった少女たちも多かったという。

彼女たちが主に縄張りとしていたのは上野界隈だったといわれている。戦後の上野は売春地帯だったのである。現在シンガポールのゲイランのようなものが1945年には東京にあったのだ。

女たちは焼け野原の中で、戦中は「鬼畜米英」と呼ばれていたアメリカ進駐軍の男たちを相手にして身体を開いていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net