◆2006年9月19日がなければ、タイの売春地帯は潰されていた

NO IMAGE

タイ編
今も昔も、タイは東南アジア最大の歓楽街を擁する都市として知られているが、その規模は拡大しているというよりも、現状維持か、もしくは縮小傾向にある。

1980年代〜1990年代を知っている人には、今のタイは規則でがんじがらめで、無法地帯を思い起こす「何でもあり」ではなくなったと感じられる。

今のタイの歓楽街でも驚き、満足する人は多い。しかし、タイの歓楽街の無法地帯ぶりを知っている人間にとっては、本当にこじんまりとしてしまったという感が強い。

ところで、タイが、汚名を返上しようと動き始めたのはいつの頃だったか。それは、2001年2月18日だ。

この時から、タイは政治的にも社会的にも、猛烈な勢いで変わろうと努力するようになった。特に、麻薬や売春を取り巻く状況が激変した。

何が起きていたのか……。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事