◆病的肥満の女性も、売春女性として需要があるのだろうか?

NO IMAGE

ピザ、ハンバーガー、フライドポテト、炭酸飲料、タコス、分厚いステーキ、スナックフード、アイスクリーム、キャンディー、チョコレート……。

全世界でもっとも太った国民が多いのはアメリカだ。国民の3分の1が太りすぎだ。毎日毎日、高カロリーの食品を山ほど取り続け、今や比喩でも何でもなく、本当に身動きできなくなっている。

体重が100キロどころか、200キロを超えるような極端に太った人も珍しくない。

200キロにもなれば日常生活に支障をきたす。歩けない人も出てくるし、内臓のあちこちにダメージを与え、糖尿病になる人も増える。

事実、アメリカ人の糖尿病比率は、20年前に比べると40%も跳ね上がっている。失明や手足の切断のような重篤な結果になる人も多い。

こういった肥満が「社会問題」であることは、アメリカ自身も何十年も前から認識している。しかし、改善する兆しはまったくない。むしろ、最悪に向かって加速しているかのようにさえ見える。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事