◆貧困国では奇形や病気を持った子供が治療できないことが多い

NO IMAGE

日本では奇形があらかじめ分かっている場合、大抵の場合は中絶することになっているので、特異な病状を持った赤ん坊や人を見ることがなくなった。

しかし、貧困国に行くと外見に疾病が分かる子供たちや大人とたくさん出会う。

インドでは特にそうだ。何しろインド圏ではこういった病気・障害・奇形・事故の痕を街角で見せながら施しを得て生活している人たちが多くいるので、毎日そういった人たちを見ない方が少ない。

この点、日本とはまったく違う環境にある。

ポリオに罹った子供たちが這って物乞いをしている姿もある。眼球を失って空洞になった部分を見せながらバクシーシ(喜捨)を求める老人の話は以前にも書いた。(インドでは、なぜ障害を持つ人たちが堂々としているのか?

バングラデシュでは両足を失った男が半裸で、泥だらけの道を転がりまわりながら物乞いをしていた。私はバクシーシしなかったが、現地では決して豊かとは思えない女性が何も言わずに金を与えていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事