【第二弾】レディースコミック第二弾『カリマンタン島のデズリー』コミカライズ化!

【第二弾】レディースコミック第二弾『カリマンタン島のデズリー』コミカライズ化!

本日11月11日のレディースコミック雑誌『ストーリーな女たちブラック(ぶんか社)』では、コミカライズ作品の第二弾『アジア売春街の少女たち〜カリマンタン島のデズリー』がスタートしました。小説『カリマンタン島のデズリー』はペーパーバック化も終了です。(鈴木傾城)

コミカライズ作品の第二弾、本日から開始しました

現在、『スワイパー1999』をコミカライズ化した『アジア売春街の少女たち〜スワイパー1999』が販売されております。

カンボジアの売春村スワイパーを舞台にした世にも希有な売春ストーリーのコミカライズ作品ですが、幸いにして何とか受け入れられて現在も売れているようです。まだお読みになっていない方は、お手に取って下さい。

さて、本日は皆さんにお知らせしたいことがあります。

本日11月11日のレディースコミック雑誌『ストーリーな女たちブラック(ぶんか社)』では、コミカライズ作品の第二弾『アジア売春街の少女たち〜カリマンタン島のデズリー』がスタートしました。

描いてくれているのは、『スワイパー1999』も担当して頂いた坂元輝弥先生です。

原作になっているのは、もちろん私の小説『カリマンタン島のデズリー 売春と愛と疑心暗鬼』です。

舞台となるカリマンタン島は、ほとんどの日本人はそれがどこにあるのかすらも分からないし、存在すらも知らないと思います。

日本人では「ボルネオ島」と呼ぶ方に馴染みがあるかもしれません。東南アジア最大のジャングル地帯を抱えるこの島は、ブルネイと、マレーシアと、インドネシアが領有権を持っています。

ボルネオ島というのはマレーシア側の呼び方、カリマンタン島というのはインドネシア側の呼び方となっています。

この小説はインドネシア女性が主人公で、舞台となるシンカワンもインドネシア領なので「カリマンタン島」と呼ぶのが正しい言い方となります。

今回が第一話でどれくらいの分量になるのかは私には分からないのですが、もしかしたら完成に1年近くかかるかもしれません。連載で読むのが好きな人は、『ストーリーな女たちブラック』をよろしくお願いします。

まとめて読むのが好きな方は終わる頃にまた周知しますので、その時にまとめて読んでみて下さい。

舞台となるカリマンタン島は、ほとんどの日本人はそれがどこにあるのかすらも分からないし、存在すらも知らないと思います。ボルネオ島というのはマレーシア側の呼び方、カリマンタン島というのはインドネシア側の呼び方となっています。

『アジア売春街の少女たち〜カリマンタン島のデズリー』

『アジア売春街の少女たち〜カリマンタン島のデズリー』、『ストーリーな女たちブラック(ぶんか社)』で連載開始です。

『カリマンタン島のデズリー』のテーマは「疑心暗鬼」です

このコミカライズ化の原作になっている小説『カリマンタン島のデズリー』は、実は真夜中の女たちと付き合っているすべてのハイエナが直面する心理である「疑心暗鬼」をテーマにしています。もっと、分かりやすく言うとこうなります。

「彼女は信じられるのか? 信じられないのか?」

夜の世界は簡単に知り合った相手を信じていい世界ではありません。どんなに初対面の印象が良くても、「詐欺師ほど最初の印象は良い」と言われるように、うかうかと信じていたら騙されるのが夜の世界なのです。

この小説では、主人公の男がカリマンタン島で知り合ったデズリーという「優しい女性」にとても良い印象を持って、「今まで会った中でこんなに良い女性は珍しい。本当に良い娘だった」と思います。

ところが、そうした主人公の印象が次々と崩れていく疑惑が浮かんでは消えていくのです。そして、主人公の男に諭すように、知り合った別の女性が言うのです。

「悪い女ほど最初に良い印象を与えようとする。そうやって最後に大きく騙す」

そう言われても「いや、デズリーだけは違う。本当に優しくて良い娘なんだ」と思うわけですが、決定的に主人公の男に不信感を与える出来事が起こり、どんどん確信が崩れていってしまうのです。

「彼女は信じられるのか? 信じられないのか?」という感情が二転三転して、どんどん彼女が分からなくなってしまいます。そして、最後に彼女が「良い娘」だったのか「悪い娘」だったのかが衝撃的な事実で分かるのですが……。

この二転三転する心理描写がこの小説の醍醐味です。デズリーという売春地帯のミステリーな存在にぜひとも小説で浸って欲しいと思っております。

ちなみに、この長編小説はすでにペーパーバック化されておりますので、電子書籍だけでなくペーパーバックでも読めるようになっております。紙で読みたいという方はペーパーバックを選んで頂ければと思います。

秋の夜長、ブラックな世界の心理ミステリーを手にして頂ければ、とても嬉しく思います。

小説『カリマンタン島のデズリー』

カリマンタン島のデズリー
ブラックアジア的小説『カリマンタン島のデズリー: 売春と愛と疑心暗鬼(鈴木 傾城)』。書籍(ペーパーバック)&電子書籍。二転三転する心理描写がこの小説の醍醐味です。デズリーという売春地帯のミステリーな存在にぜひとも小説で浸って欲しいと思っております。
『カリマンタン島のデズリー 売春と愛と疑心暗鬼』ペーパーバック版は、小B6判(112mm × 174mm)274ページとなっております。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

周知カテゴリの最新記事