カンボジアの小説『スワイパー1999』、コミカライズ(マンガ化)します

カンボジアの小説『スワイパー1999』、コミカライズ(マンガ化)します

私は電子書籍でいくつか小説を書いているのですが、その中のひとつに『スワイパー1999』というものがあります。アマゾンの電子書籍として購入できます。(アマゾン:スワイパー1999 カンボジアの闇にいた女たち

この小説については、こちらで解説しておりますので、どうぞお読み下さい。(ブラックアジア:小説『スワイパー1999』と、その時代背景の解説について

実は、この小説を原作とするレディースコミックによるマンガ化の話が裏側で進んでおりました。

今度8月28日に、連載ものの第一弾として雑誌に掲載されます。

雑誌名は『まんがグリム童話』というもので、『アジア売春街の少女たち〜スワイパー1999〜』というタイトルで掲載されるようです(まんがグリム童話2020年10月号から)。

実は、私は「マンガ」にはまったく縁がなく、子供の頃からマンガをまったく読まないで今まで生きてきた人間です。あまりマンガの世界は詳しくありません。有名なマンガもほとんど読んでいません。

それほどマンガ音痴なので、この企画を提案された時に「レディースコミックとしてコミカライズ」と説明されても、そもそも「レディースコミックとは何か?」というところからして分かっていないほど何も知りませんでした。

説明を受けたところによると、レディースコミックというのは官能を書く女性向けのマンガというものらしいのですが、『現在のレディコミは、虐待、売春、セックスレスといった社会の問題提起作品がメインになってきております』ということらしいのです。

アジア売春街の少女たち〜スワイパー1999〜

『まんがグリム童話2020年10月号より連載開始』

『まんがグリム童話』という雑誌

ぶんか社の発刊している『まんがグリム童話(毎月29日発売)』という雑誌も、レディースコミックのひとつです。(ウィキペディア:まんがグリム童話

実際に、どのようなマンガが掲載されているのかというのは、こちらをご覧下さい。

https://www.cmoa.jp/magazine/31/

当初はグリム童話から着想を得たマンガがメインだったようです。そこから次第にテーマが多岐になって、今ではアジア売春まで扱う総合的なレディースコミック誌になっているようで、やや残酷な世界をマンガで表現しているようです。

この中で、『スワイパー1999』の世界が展開されるとのことです。

実際にマンガを描くのは、坂元輝弥さんで若い新鋭の先生です。24ページの内容が5話から6話ほど連載されます(モノクロです)。

それぞれの話は2ヶ月後に単体としてインターネットで購買できるようになり、完結したら、完結版もまたインターネットで購買できるようになります。

レディースコミックなりの独自の世界観

ところで。

掲載されるマンガ『アジア売春街の少女たち〜スワイパー1999〜』は、私の小説が原作となっているのですが、小説には小説なりの表現とストーリーがあるように、マンガにはマンガなりの表現とストーリーがあります。

また、私が小説を書いているときに想定している読者と、レディースコミックの読者はまったく違います。レディースコミックは恐らく読者の99%は女性です(もしかしたら100%かもしれません)。

そうであれば、レディースコミックを読む女性の読者に合わせて、レディースコミックなりの独自の世界観や表現方法があるわけで、それは私の世界観や表現方法とはまったく違ったものであるはずです。

私は女性読者が100%であると想定して何かを書いたことはまったくありませんので、もうそこからして世界が違っていますね。

そのため、このマンガは原作に忠実に描かれるのではなく、私の原作をベースにした編集者とマンガ家の「新たな作品」「違う作品」として接して頂ければと思います。

私自身はネーム(絵コンテ)と言われるものを見ておりますが、最終的にそれがどのようなマンガになるのか、そして自分の小説が今後どのような展開で5話〜6話にまとめられるのか、まったく分かっておりません。

つまり私も、これは自分の小説が原作であるものの、どんなマンガになるのかというのは知らないまま、一読者としてマンガに接するということになります。

レディースコミックというのは本来は女性が読むためのものなので、ブラックアジアの読者が関心を持ってくれるのかどうか分からないのですが、マンガが好きな方がおられましたら、どうぞ鈴木傾城ワールドの「ひとつの展開」として読んでみて下さい。

これを期に、私もマンガを少しずつ読んでみたいと思います。

原作の電子書籍『スワイパー1999 カンボジアの闇にいた女たち』は、以下で手に入れることができます。まだ読んでいない方は、どうぞ読んでみて下さい。カンボジア売春地帯のディープなストーリーが展開しております。私が最も愛着を持っている小説でもあります。

スワイパー1999
小説『スワイパー1999(カンボジアの闇にいた女たち)』、電子書籍(Kindle版)で発刊しています。

ブラックアジア・カンボジア編

なお、リアルなカンボジア売春地帯の話を読みたい方はこちらをどうぞ。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

周知カテゴリの最新記事