◆シンガポールの観光地で露出する問題の女性の写真がこれだ

NO IMAGE

シンガポールはクリーンだというイメージが強いし、表面上は確かにクリーンであるのは間違いない。同性愛も禁止、他人を罵倒したら罰金、ギャンブルは禁止、泥酔したら罰金、選挙に行かなければ投票権剥奪、デモも禁止だ。

この中に「公共の面前で、裸になったら2000Sドルを超えない罰金、もしくは3ヶ月を超えない禁固刑」というものがある。

「公共の面前」というのは、家の中で裸でいても窓が開けっ放しになっていて、他人がそれを見ることができてもいけないということである。

これだけ厳しく法で縛れば、冒険する人間などいないと思いがちだが、これがそうではない。シンガポールでもしょっちゅう露出狂が出ている。

男が性器を見せつける露出狂もいる。先日も31歳の男や、27歳の男が、露出狂の常習犯で逮捕されている。

しかし、驚くのは、女性の露出狂も珍しくないということだ。シンガポール人も、がんじがらめでストレスでも感じているのだろうか。それとも、元々そうだったのだろうか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事