◆パタヤに巣食う人妖。妖しい「レディーボーイ」たちの写真

NO IMAGE

ブラックアジアの読者から見ると、もはやパタヤは珍しくも何ともなく、単なる日常のような場所になっているかもしれない。

しかし、売春地帯と関わりのない普通の暮らしをしている人たちには、この街は「レディーボーイが跋扈する異常な街」だとか「売春と同性愛が蔓延する退廃地帯」と紹介されることが多い。

中国でも「人妖横行的泰国芭提雅探秘(レディーボーイが横行のタイ・パタヤを探検)」のようなタイトルでパタヤが紹介されている。

中国人が「人妖」と言っているのは「レディーボーイ」のことなのだが、確かによく考えてみると、パタヤにはレディーボーイが増えた。レディーボーイだらけだと言ってもいい。

ミス・ティファニーなどもテレビで世界中継されてそれなりの視聴率も取っているくらいだから、ますますレディーボーイが集まる街となってしまった。

そして、そんな写真もたくさん出回っている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事