◆2009年のミス・ティファニーだった女性が、男性に戻って出家

NO IMAGE

ミス・ティファニーは毎年ミス・コンテストを行っているのだが、それは非常に有名なもので、全世界に中継されて中東でも視聴者が多いという。

その2009年のミス・ティファニーで優勝したのは、サラウィー・ナティーというレディーボーイだった。細くしなやかな身体。整った顔立ち、美しい歯並び。

当時は20歳だったが、どこか気品のある容姿と立ち振る舞いで、それが彼女をミスに押し上げたのかもしれない。

ミス・ティファニーで優勝した女性は、その後、ファッション・モデルの仕事や、テレビのコマーシャルの仕事や、ショーの主役などを経て、まぎれもない芸能人となっていく。

ジャズの愛称で親しまれていたサラウィー・ナティーも、その世界でやっていけたはずだった。

しかし、彼女は2013年、親の強い希望を聞き入れ、レディーボーイをやめて出家した。胸のシリコンを除去し、頭を丸め、もうすっかり「僧」の姿になっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事