◆「君の手をぎゅっと握りしめていたい」と死ねる環境を日本に

NO IMAGE

日本では安楽死が認められていない。医師は「最後まで人を助ける」ための組織であり、人を殺す組織ではないからだ。どんな絶望的な人でも助けなければならないのである。

しかし、様々な病気の末期患者で、あとは死を待つばかりの人たちの中には「私は、威厳を持って死んでいきたい。植物人間のようになって生きたくない。安楽死させて下さい」と言う人もいる。

しかし、そんな人たちの願いは、日本では聞き入れてもらうことができない。

今後、日本は高齢者で溢れる世の中になるが、必ず問題になるのは、高齢者の「終末期医療」である。認知症の高齢者になると、もう自分で食事を取ることもできなくなる。

そのために胃瘻(いろう)という処置を施す。これは、腹壁を切開して、胃内に管を通して水分や栄養を直接送り込む方法である。日本は、世界最大の胃瘻(いろう)大国であることは、あまり知られていない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事