◆カンヌ映画祭で人々の度肝を抜いたインド女性の「これ」

NO IMAGE

2013年5月15日から26日まで、カンヌ映画祭があって世界中から多くの映画関係者が集まったのだが、その中にインドのボリウッド関係者もたくさん行っていた。

その中で、現在ボリウッドで非常に人気のある女優であるヴィディヤ・バラン(Vidya Balan)とソナム・カプール(Sonam Kapoor)のひとつのファッションが世界中の人々の度肝を抜いた。

猛烈に大きな鼻ピアスを付けていたからである。

インド女性は子供の頃から鼻ピアスの穴を開けて小さな、目立たないゴールドのピアスを付けている女性が多い。

結婚式には、非常に目立つ大きな輪に取り替えて、そこから宝石のスレッドを通して艶やかさを演出するので、インド女性にとって鼻ピアスは伝統なのである。

普段から大きめの鼻ピアスをする人はあまりいないのだが、最近はインドの若い女性で少しずつこの大きめの鼻ピアスが流行していて、この2人の若手女優はそれを大胆に披露した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事