◆ドメニカ・ニーホフ。ドイツでもっとも有名だった売春女性

NO IMAGE

2009年2月12日、ドイツでひとりの女性が亡くなった。ドメニカ・ニーホフという名前の女性で、ドイツでは「最も有名な娼婦」だったという。

ドイツはオランダやオーストリアと共に売春が合法的な国だ。売春女性はドイツ全土で40万人になるという。

彼女たちのビジネスは登録制で、国に税金も払っている。売春をしてもいい年齢は21歳からなのだが、実際に21歳になってすぐに売春ビジネスに入ってくる女性も多いという。

売春はひとつのビジネスとして認知されている。

ドイツでは、娼館も看板を出してサイトを持ち、女性たちは定期的に性病検査を行う等、管理されている。これは売春ビジネスに関わる女性にとって、とても素晴らしいことである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事