◆ネパールの生き神「クマリ」は、多くの宗教の共存に役立つ

NO IMAGE

ネパールには「生き神」がいるのはよく知られている。

満月のときに生まれた健康な身体を持った少女がひとり選ばれて「クマリ」という生き神に祭られて、初潮が始まるまで「生き神」の地位にある。

このクマリと呼ばれる生き神の少女は、仏教徒の少女から選ばれるのだが、クマリ自体はヒンドゥー教やネパールの密教の神であって仏教神ではない。

これがネパールの伝統であり、今も続いている。

クマリは世界的に有名になって、日本でもしばしばテレビで紹介されるので知っている人も多い。

真っ赤な衣装を着て、頭にも真っ赤な装飾を付けて、額にはヒンドゥー神でもお馴染みの「第三の眼」が模されている。

これはヒンドゥーの女神であるドゥルガーの化身を示すものであると言われているが、ドゥルガーはベンガル地方(コルカタ)で大きく祭られている神である。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事