◆パートナーが危険な性格になって牙を剥きだしたら、奇跡は期待しない方がいい

◆パートナーが危険な性格になって牙を剥きだしたら、奇跡は期待しない方がいい

働かないで金をせびってくるパートナー、浮気や不倫を繰り返すパートナー、暴言・恫喝・威嚇・暴力を恒常的に繰り返すパートナー、いつも反論・嫌味・批判・論破を向けてくるパートナー、自分のことしか考えず負担ばかりを押しつけてくるパートナー……。

こうしたパートナーに苦しんでいる女性は多い。

「別れた方がいいでしょうか?」と相談されることもあるのだが、私の答えは常に「イエス」でしかない。実のところ相談を持ちかける女性もあっちこっちに相談して、いろんな人から「早く別れろ」と言われていたはずなのだ。

しかし、「相手も変わってくれるかもしれない」とか「今までだいぶお金を貸した」とか「私がいないとこの人はどうやって生きていくのか?」とか「別れたらストーカーされるかもしれない」とか「惰性でここまで付き合ったので簡単にいかない」とか、いろんな理由を持ち出して、結局は別れない選択をする。

しかし、壊れた関係を修復するというのは本当に難しい。相手が信用できなくなっていくと、溝はどんどん深まり気持ちは離れていく一方になる。「こぼれた水は盆に返らない」のである。

相手が自分にとって「害を為す存在」と化したら、時間が経つほど深刻化する可能性が高い。別れるのは早いに越したことはない。

離婚の原因は男女ともに「性格の不一致」である。一言で「性格の不一致」と言うが、別れに至るまで、長く、苦しく、痛ましい「不一致の積み重ね」が積もっていたのであろうことは窺える。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

心理カテゴリの最新記事