◆ラスベガス売春宿の苦境は、時代の変化を映し出している

NO IMAGE

アメリカは売春ビジネスが違法だが、唯一ネバダ州とロードアイランド州のみが合法となっている。

そのうち、ネバダ州が合法なのは、この州がラスベガスというギャンブルの街を抱えているからだ。

ネバダ州の人口の60%以上が、ラスベガス都市圏に住んでいるのだから、ネバダ州とはラスベガスのことだと大雑把に考えてもそれほど間違いではない。

ギャンブルはカネと欲望が渦巻く。そして、カネが渦巻く場所には必ず女性がいる。欲望にまみれた男と、女性を結びつけるのは、もちろん売春ビジネスしかない。

だから、ネバダ州で売春ビジネスが合法なのは、理にかなった判断であるとも言える。

ただし、この「合法」という判断も裏があって、ラスベガス自体は売春が違法となっている。本当に合法の売春ビジネスを求めるのであれば、ラスベガス郊外に車で向かわなければならないのである。

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事