◆勃起不全。40代を過ぎたあたりから男たちは苦しみ始める

NO IMAGE

売春地帯タイ・パタヤでは、あちこちの国の男が腹上死している現状がある。

腹上死の原因の多くは心臓発作だが、売春地帯で心臓発作を誘発しているのは、50代を過ぎた男たちの荒淫と、セックス強化剤だ。(タイ・パタヤの薬局で押収されたセックス強化剤とは?

タイでは普通の薬局で、10種類前後のセックス強化剤が出回っていて、50代を過ぎたハイエナたちの多くがそれを使っている。

そんなセックス強化剤の代表的なものが、バイアグラだ。バイアグラは勃起不全の治療薬だが、売春地帯にいる男たちは、これはセックス促進剤とでも思い込んで飲んでいる。

バイアグラは日本では25mgと50mgなのだが、欧米では100gmの超強力なものまで出回っている。薬効が強くなればなるほど腹上死の危険は高まる。

しかし、売春地帯の男たちはそんなことはお構いなしだ。そこまでしても荒淫に耽りたいというのが、ハイエナのハイエナたるゆえんである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事