◆ロシア・東欧の女性たちは妖精のように美しいと言われる

◆ロシア・東欧の女性たちは妖精のように美しいと言われる

ロシアや旧ロシア圏だった東欧は、1990年は国家破綻寸前にまで転がり落ちて、ロシアだけはプーチンの登場で何とか立ち直ったものの、東欧は未だに貧困国家と言っても過言ではない。

東欧とは、具体的に言えば、ウクライナ、ベラルーシ、モルドバを指すが、現在は中欧として扱われているスロバキア、チェコ、ハンガリー、ポーランドも広義の意味では東欧に含めてもいいかもしれない。

1990年から2000年まで、どうしようもない貧困に落ちたこれらの国は、大量の女性が売春女性として世界各国に売られていった。日本にも来ていたし、東南アジアにもこういった女性たちがたくさんいた。

その後、ロシアが経済的に落ち着くにつれて、こういった女性は徐々に数が減ったが、ゼロになったわけではない。

いったん人身売買のルートが生まれると、貧しい女性は常に売春のターゲットにされるからだ。それに、需要がある。

実は、他の地区の女性など見向きもせず、東欧の若い女性だけを専門にしているハイエナたちもいる。その理由は、単純だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net